間違えたら謝ってほしい

明日の朝に食べるパンがなくなったので、100円ショップに行くことにした。
バテ気味なのでバナナも買おう。158円なら不味くはないだろう。

ふと台の上を見ると、グレープフルーツとシイタケが50円引きだった。
ざっと計算すると400円を切っている。

その店では200円の買い物で1ポイントつくので、50円値引きの大葉をカゴに入れた。
レジ係は2人いた。中年のおばさんはパスして、若い男の子を選んだことに気付かれたかもしれない。

カードで支払いすると「490円」だという。おかしいなぁ400円ちょっとの筈なんだけど。
レシートを見ると、2つの商品は50円値引きしてあるが、大葉は108円のままだった。

すぐに引き返すと、さっきのレジに中年のおばさんが立っていた。
「大葉が値引きされていないので、50円現金で返してもらえないですか?」と聞くと、カードを渡せと言う。
「面倒なので返品するから108円返して下さい」というと、「返せばいいんでしょ」と、ふてくされながら現金をくれた。

あのおばさん、以前も50円値引きを忘れた人だと思う。
あの時も「すみません」を言わなかった。