粗品のボールペンがなくなった

去年は投資ブームだったので、何度も投資セミナーに通った。
株や投資信託は、儲かってもやがて損をすることは解っていたけれど、「今買えば必ず儲かる」という確信のようなものがあった。

証券会社と銀行の投資セミナーを梯子して、エコノミストの話も聞いた。
証券会社の会場には、200人以上詰めかけている時もあって圧倒された。

普通のおばさん達の会話が凄かった。
「株って、すぐに200万円下がるね」と平気な表情で話していた。
私なら、100万円値下がりしたら、顔がひきつって夜も眠れなくなるだろう。
所詮、無縁な世界なのかもしれない。

今日、久しぶりに銀行のセミナーに行ったら、人数が去年の半分ぐらいになっていた。
講師にもお客さんにも熱気が感じられなかった。

それから、いつも机の上に粗品が置かれていたのだが、今年はボールペンも置いてない。
私の部屋には、セミナーで貰ったボールペンが約300本もたまり、貰ったメモ帳も一生ぶんある。
だからもう要らないのだけど、やはり投資ブームは終わったという感じがしてさみしい。