一人暮らしで体調が悪くなったとき

今日のお昼は食欲が無かったので、昨日の残り物のご飯でお粥を作った。

朝はいつも、熱いコーヒーにトーストとサラダ。
昼食の飲み物は、冷蔵庫で冷やしたコーラやジュースだけど、お粥に甘い炭酸飲料は似合わない。

お茶を沸かす元気がないので困ったが、粗品に貰ったペットボトルの日本茶が棚の奥に並べてあることを思い出した。
「ぬるいのでダメだろう」と思ったけど、とても美味しかった。
夏は、ペットボトルの飲み物は、冷蔵庫で冷やさないといけないと思い込んでいたので、新発見。

梅干を切らしていたので、お粥が食べられないかもしれないと心配したけど、これもオッケー。
瓶詰めの高菜ザーサイが非常食用に買ってあったことを思い出した。
箱から取り出して、お粥に入れたらおいしかった。珍しくご飯をお代わりしてしまった。

消化のいいものを食べたせいか、ちょっと楽になったら、「これでは栄養が足りない」という気持ちになり、ドリンクゼリーとカロリーメイトも食べた。
一人暮らしの私は、買物に行けなくても数週間は生き延びられるように買い溜めしてある。