理由もなく好きな人達

大河ドラマ「軍師官兵衛」は毎週見ているが、合戦や病気で死ぬ場面が多いので、やはり最後のナレーションを聞いた後に裏悲しい気分になる。

官兵衛は、病におかされていた吉川元春に、最後の命の使い方を説得したのに、なかなか納得しない。
「自分は、官兵衛の言うなりにはならないぞ」と思ったのかもしれない。
Continue reading »

知らない人でも仲間意識

今日は雨なので、銭湯はすいているだろうと思い早めに出かけた。

やはり自転車が2台しか止まっていなくて、女湯には一人しか入っていなかった。
湯船につかっていたら、その人がこちらを見て、会釈をしたような感じがした。

知らない人なので、気のせいかなと思ったが、私の目の前を通るときにもお辞儀をした。
他に誰もいないのだから私だろうと思い、こちらもお辞儀をした。

ここの銭湯の客は、知らない相手にでも会釈をするようだ。
Continue reading »

なぜ振り込め詐欺をするのだろう

テレビで、「振り込め詐欺に罪悪感は感じないのですか」と聞かれた詐欺グループの人が、「感じませんね」と言った。

「騙した相手を借金地獄に落とすような真似はしていない。相手は、直ぐに数百万円の現金を用意できる金持ちだ」という。
金が余っているところから、無いところに配っているだけだ、とうそぶいた。

その日暮らしの生活を送っている人が、簡単に大金を稼ぐことを覚えたら、真面目に働くのが嫌になるのだろう。
Continue reading »

なぜ振り込め詐欺に騙されるのだろう

振り込め詐欺で騙される被害が、年々増えていることが、不思議で仕方ないと思っているのは私だけではないだろう。

詐欺の手口が紹介されても、騙される人が後を絶たない。
孫はともかく、子供の声が解らないなんておかしいと思うけど、もしかすると私達は、電話をとった時に、相手がだれかということを、声ではなく「情報」で確認しているのかもしれない。
Continue reading »

振り込め詐欺の始まりは名簿

今日のテレビ、振り込め詐欺グループの話はとても恐かった。
実行犯たちが独占告白しているものだそうで、こんなことが実際に起こっているのだと思うと、下手なドラマより見応えがあった。
約2時間の放送だったが、短く感じた。

名簿屋というのがあって、ネットで名簿が取引されている。
私の名前や住所や電話番号などすぐ解るし、何を買ったとか、家族構成も知られているらしい。
Continue reading »

誰かが私を見ているような

今日は買物に歩き回ってクタクタなので、帰りの電車で立っている元気はなかった。
それでも9時過ぎなら座れるだろうと高をくくっていたら、満員だった。

一つ席が空いていたので近ずいたら、窓際に座っている人が足元に大きな旅行カバンを置いているので、隣に座れないのだ。
その席に買物袋を置くと、その人は私の顔を見て「すみません」というような顔で軽く会釈をした。

その駅から最寄りの駅までは30分程かかるので、10分もすると嫌になってきた。
女性の隣で正座すれば、立たなくて済むと思うほど疲れ切っていた。足がだるい・・・。 Continue reading »

衝動買いをして後悔したのですが

私は、あまり化粧をしないので、もう何年もメイク用の化粧品を買っていない。
それでも流石に、買い替えないといけなくなった。

ほとんど外出をしないし、綺麗な姿を見せたい相手もいないので、高い化粧品を買う必要もない。
そこで、あまり高くない値段で、一応全部揃えてみた。

最後に1品、アイシャドウを買わないといけないが、色に迷っていた。
好きな色がいっぱいあるし、アイシャドウだけは高くても気に入ったものを探していたのだ。
Continue reading »

やはり消費税は10%の模様

テレビで、4月~6月期の日本のGDP(実質国内総生産)は、前年と比較して6.8%のマイナス成長だと報道していた。
消費増税後の4月から、消費が落ち込むのは当たり前なのだが、気になることを言っていた。

過去に消費税が3%から5%になった時より数字が大きいことと、さらに、震災以来の下げ幅になっていること。
一瞬、「もしかすると10%にするのは中止かもしれない」と思ってしまった。
Continue reading »

一人暮らしで体調が悪くなったとき

今日のお昼は食欲が無かったので、昨日の残り物のご飯でお粥を作った。

朝はいつも、熱いコーヒーにトーストとサラダ。
昼食の飲み物は、冷蔵庫で冷やしたコーラやジュースだけど、お粥に甘い炭酸飲料は似合わない。

お茶を沸かす元気がないので困ったが、粗品に貰ったペットボトルの日本茶が棚の奥に並べてあることを思い出した。
「ぬるいのでダメだろう」と思ったけど、とても美味しかった。
Continue reading »

少しの変身で絶世の美女

2020年東京オリンピックまであと6年。6年って遠いようで近く、それでもやっぱり長い。
インフラが整備することで町が活性化すると期待している人が多いようだけど、それは妄想かもしれない。
新幹線の駅ができても全然変わらないと、友人が嘆いていた。

駅ができても道路ができても、人は、面白くないところへは行かない。
京都など「降りてくれ」といわなくても、人は途中下車する。

その地に魅力がなければ、どんなに便利でも人はお金を落とさない。
その場所に魅力があれば、不便でも人はお金を使うだろう。
Continue reading »